40からのマラソン経由トライアスロン行き

2015.11ランニング開始 
2016.6ハーフマラソン初完走 
2016.8トレイルラン初完走 
2016.10フルマラソン初完走 
2017.3膝の故障を機にスイム開始 
2017.7アクアスロン初完走 

10/4 アディゼロジャパンブースト3 クセがすごい!?

先日のアディダスシューズ相談会で気に入った
「アディゼロジャパンブースト3」届きました~!

5日後の滑川ハーフマラソンと3週間後の富山マラソンは
コイツで参加する予定です!!


早速、いつもの夜ラン20kmにて試走してきました


往路10km 43分10秒
復路10km 43分16秒 (トータル20km 1時間26分26秒)



(今まで履いてきたシューズに比べての感想です)
走り出して・・・まず、つま先側(前半分)のグリップが効く。
アスファルトをつかむぐらいの感覚があるので
しっかり踏み込み、しっかり蹴りだせる。


次に、ブーストの吸収力・反発力をとても感じる。


そして、ソールの形状(厚み)が特徴的で
かかと側(後ろ半分)はやや厚く
つま先側(前半分)はかなり薄いので
自然に母指球から親指あたりで地面を蹴りだす
姿勢になる(なってしまう)のです。


この3点。とても好感触なんです。


が、


走行スピード、というか着地時の重心(ミッドフットかヒールストライクか)
によって印象がガラっと変わるんです・・・


スピードに乗った時(感覚的にキロ4分30秒ぐらいから)は
上記の3点が好感触で、どんどんリズムに乗れるんですけど、
スピードが落ちた時や姿勢が崩れてかかと重心になった時は
かかと側のブーストのバネ(反発)が強すぎて
前方向ではなく、上方向に飛び上がるように感じてしまうんです。


だから、一度リズムが崩れる始めると、シューズが
前へ行こうとしたり、上へ飛び上がろうとしたりで
暴れてしまい、走り方のコントロールが難しい印象でした。


ただ、いつもなら往路10kmに比べて、復路10kmは2分程度
遅くなってしまうのに、今日はほぼイーブンペースで
走れているので、シューズのクセに慣れてしまえば
リズムに乗れるシューズなのかな、と思います。



あ・・・
あと最後に重大なことが・・・


夜ラン時のお気に入り、キレンジャー仕様のウェア一式と
このシューズ、色的に相性が悪かった・・・
↓キレンジャー仕様、これです

やっぱイエロータイツは合わせにくいよなぁ・・・





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。