40からのマラソン経由トライアスロン行き

2015.11ランニング開始 
2016.6ハーフマラソン初完走 
2016.8トレイルラン初完走 
2016.10フルマラソン初完走 
2017.3膝の故障を機にスイム開始 
2017.7アクアスロン初完走 

6/26 乳酸についてなんとなく調べてみる

今日の夜ランは
ダニエルズ式で言うところの
Tペース(乳酸閾値)走。


マラソンに限らず、よく耳にしますよね「乳酸」


少し前までは「乳酸」が溜まると
筋肉の動きを邪魔したり
疲労を感じる原因と言われ
悪者扱いされてきたように思います。


最近では「乳酸」は疲労を解消する役割がある。と
180度 真逆の説明を見る事が増えてきました。


乳酸が分解されると一部が糖に代わり
体内でエネルギー源として再利用されるらしく
その分解を助ける物質がクエン酸だとか。


運動前・中・後にクエン酸を摂取するのは
こういう目的があったんですね。


どちらにしろ、運動すると乳酸が作り出され
その乳酸を溜めない(分解する)事が大切だ。
ということは共通しているようです。



ダニエルズ式のTペース走に話を戻すと
血中の乳酸濃度が急上昇するポイントが「閾値」


その乳酸閾値付近で走ることで
血中の乳酸を処理できる能力を高めるのが
Tペース走の目的です。


簡単に言うと、こうなります。
「少し速めのペースで持ちこたえる事を身体に覚えさせる」
「一定ペースを維持できる時間をのばす(持久力の向上)」



・・・と、偉そうに書いてますが
私自身、どこまで理解できているか
全く自信はありません(笑)


少しキツイペースで走る!


ということはわかったので
私の走力から算出された
Tペース「4分11秒/km」を目指して
走ってみました。

安定感が無く、ラップタイムがガタガタに・・・
私のフルマラソンのペース(4分25秒前後)
よりも速いので、少し気を抜くと
あっという間にタイムが落ちてしまいます。


苦しいけど、走れない速さではないという
絶妙な設定タイム・・・
ダニエルズ氏の研究の成果なんでしょうね。



サブ3達成には「4分16秒」を上回るペースが
必要なので、繰り返し繰り返し
走り込んでいくしかないデスネ・・・(涙)



アディゼロ匠 練ブースト2 耐久調査
今日15km + 245km =合計 260km

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。