40からのマラソン経由トライアスロン行き

2015.11ランニング開始(39歳)
2016.6ハーフマラソン初完走 
2016.8トレイルラン初完走 
2016.10フルマラソン初完走 
2017.3膝の故障を機にスイム開始 
2017.7アクアスロン初完走
2017.10フルマラソン、サブ3達成
2018.5ロードバイク開始
2018.6ウルトラマラソン初完走

8/5 富山ではトライアスロン開催なのです!(前編)

いきいきトライアスロン富山2018
本日8/5開催され、無事終了しました!
ちなみに私はエントリーしていません(笑)

でも、最近お世話になっている富山市の
トライアスロンチームから10名ほどが
(正確にはトライアスロンだけじゃなくて
 屋外のアクティビティを何でも楽しもう!
 という集まりです)
選手として参加しているので
応援に行ってきました!!


個人的にも来年デビューに向けて
大会の雰囲気を味わいつつ
トライアスロン大会のイメージを
持ちたいのもあったので。

今回は、この富山の大会が
大学生のトライアスロン全国大会の
出場権を懸けた近畿ブロックの選考会に
なっていて、同志社や立命館を中心に
現役大学生のトライアスリートが100名程度
参加しています。


年代別に4つのウェーブにわかれての
時間差のスタートですが
大学生の第1ウェーブは迫力が凄い!
陸にあがってくる時も、先を目指す表情の
ギラギラ感がエネルギッシュで
とても刺激になりました!!

チームの仲間のスイムを見届けてから
バイクパートのゴール付近まで
車で移動します。


バイクコースは海(岩瀬浜)から
40㎞離れた極楽坂スキー場まで
標高600mを登ります。
特にラスト数キロは激坂のヒルクライム!
炎天下の35℃、見てるだけで疲れます(笑)

37~38㎞地点の一番苦しいポイントで
応援していると、通過する選手が次々に
「下で選手が一人倒れてるよ」と伝えてきます。


周りには大会スタッフも応援の方もいなかったので
坂を少し下って見に行くと、某大学の選手が
道路脇で倒れて動けなくなっています!


外傷や出血は見当たらないので
事故や落車ではなさそう。
選手本人に近づくと、顔面蒼白で過呼吸状態。
状況的に熱中症の可能性が高い!!


でも、私も体一つでここまで来たので
選手本人のバイクに装着したボトルしか
水分が無く、体を冷やすことができません。
選手本人は意識もうろうで水を飲む事はおろか
かろうじて、こちらの問いかけに
小さくうなずくか首を振る程度で
体が全く動かせない様子!!


これはヤバい!!!
もう応援どころではなくなりました!!




最終的に大事には至らなかったと
結論を書きますが、次回に続きます。
(とはいえ、選手本人は大事な選考会での
 リタイヤで悔しいと思います・・・)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。