40からのマラソン経由トライアスロン行き

2015.11ランニング開始(39歳)
2016.6ハーフマラソン初完走 
2016.8トレイルラン初完走 
2016.10フルマラソン初完走 
2017.3膝の故障を機にスイム開始 
2017.7アクアスロン初完走
2017.10フルマラソン、サブ3達成
2018.5ロードバイク開始
2018.6ウルトラマラソン初完走

9/8 上半身鍛えるかぁ!?

元マラソンランナーの有森裕子さんは
現役時代、怪我で2年間のブランクから復活した
ご自身の経験から、故障した時にはしっかり休んで
代わりにできるトレーニングをする事を
強く提唱しておられます。


「市民ランナーは趣味として走っているのに
怪我をした状態で走る理由がどこにも無い」


たしかにその通り。間違いありません。



痛めた右ヒザをなるべく使わないトレーニング・・・


携帯アプリで面白そうなヤツを見つけたので
早速ダウンロードして、やってみます。
「自宅でできる筋トレアプリ」



1か月(4週間)継続するメニューとか
身体の部位ごとに選んで鍛えることもできます。



とりあえず、今日は
「腹筋初級」「下半身4週間コース」「全身4週間コース」
を始めてみました。
最低でもあと27日続けないと・・・続くかな(笑)



ランとバイクをやらないと、休日は時間がたっぷりあるので
次は、ゆるゆるスイムを4000m


しっかり疲れましたけど、やっぱり走りたい・・・


有森さんに怒られますけどアマゾンで注文しました。
ロキソニン錠剤。ランナー定番の鎮痛剤。

痛みは身体からのSOS信号なので
鎮痛剤で痛みを誤魔化したとしても
何の解決にもならないどころか
痛みに気が付かないまま、症状を悪化させてしまう
最低の選択とも言えます。


これまでの経験上、4分台のペースで7~10㎞ほど走ると
右膝に痛みが出始めるので、ロキソニンが届いたら
後学の為に、痛みの出具合、効き具合を
人体実験してみようと思います。


サブ3に挑戦できるなら、薬に頼ってでも・・・
大会終わったら、しっかりランオフするから神様・・・
おそらく故障持ちの市民ランナーでロキソニンを
使う人は同じ気持ちだと思いますが・・・


次回、人体実験結果を記事にします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。